学習塾で学べる身につく学力|どんな教科も成績アップ

学生

志望校合格の計画

志望中学によって対策が変わる

学生

少子化が進んでいますが、進学する子供の数は増加していますので、受験競争は依然として激しいものがあります。中学受験では大学の系列校を選択するのと六年制の一貫校に入学して大学受験に挑戦するのとでは対応がことなります。大学までの系列校を選ぶ場合には入学してから十分時間があるのでスポーツや文化活動を入学後に行うことが出来ます。しかしながら中高一貫校の中学受験では合格した後も大学受験のことを考えて学校以外に塾に行くことになるケースが多く見られます。したがって系列校に入学した生徒のようにはクラブ活動に専念することが出来ないのが普通です。授業料は系列校の方が高いケースが多いのですが、一貫校では塾の費用を合わせて考えると結果的には高くなります。

中学受験のための計画的な対応

小さい頃から中学受験を考えることは時代が変わっても昔からありました。東京では都立高が学校群制度になってから一層中学受験が盛んになりました。中高一貫校の生徒が有力大学の合格数を増やしたのが原因です。中学受験対策は早く始めるに越したことがありません。受験には体力が必要ですから小さい時は運動に力を入れて体力づくりをすることが大事です。小学校の勉強は本人よりも親の意識によって大きく変わると言われておりますので、母親だけではなく父親も子供と一緒になって受験を考えることで合格の可能性が増すと言われています。父親の方が中学受験を経験しているケースが多いので、自分の経験から子供にアドバイスが出来るからです。いずれにしても家族が一つになる必要があるようです。