学習塾で学べる身につく学力|どんな教科も成績アップ

学生

学習塾のこれまで

これまでの学習指導の歴史

小学生

これまでの学習塾の歴史の一番の特徴は、1人の先生が20名前後の生徒を対象に一斉指導を行うスタイルである。また新しい単元の説明を行い、生徒が集中的に問題演習を行ったうえで答え合わせをするのも一般的であろう。しかし学習塾が増える中で競合も激化したので、それぞれの塾が指導方法に工夫を凝らすようになったのが最近の大きな変化である。そして先生1人が生徒1名から2名を指導する個別指導が増えてきたのも、この20年程度の間の大変動であろう。また部活動などで時間通りに出席できない生徒のニーズもあり、録画した授業を併用するスタイルが最近では大人気である。特に予備校の名物講師の授業が受けられる、オンデマンドのコースを利用する高校生が増加傾向である。

今後の学習塾で主流になる指導形態

将来的な学習塾の指導スタイルは、少人数制と個別指導がメインになるであろう。また塾業界でもIT化が進むようになるので、ネットとの融合も盛んに行われるであろう。特に教室で授業を受ける以外にも、自宅のパソコンを使ったオンデマンド授業の利用も増えるであろう。また学習塾のウェブサイトにログインすることで、成績管理も行えるようになるのが、これからの時代の特徴であろう。そして模試の成績をウェブサイトでチェックしたり、自宅学習用の教材をダウンロードするなど、その使い道も多彩になるであろう。またスマホやタブレットを使った学習のウエイトが高まることで、塾に通う生徒もより一層時間を有効に活用できるようになるであろう。